妊娠検査薬の正しい使い方

妊娠検査薬は、妊娠中に分泌されているホルモンに反応するになって、その反応を基準に判定する仕組みとなっています。妊娠中のホルモンの有無を基準に判定しているならば信憑性が高いようにも感じられますが、正しい使い方をしなければ、正確な判定結果は望めないのは言うまでもありません。それぞれ正しい使い方を心がけましょう。
まずは、妊娠検査薬を使用するタイミングについて。ホルモンがまだ十分に分泌されていない段階で検査を試みても、妊娠しているのに反応しなかったりと正しい判定結果が出ません。そのため、ホルモンがきちんと出ている時期に検査をする必要があります。
hCGホルモンは、受精卵が着床してから3~4日ほどで尿に出始め、早ければ次の生理が始まる予定日の数日前から検出されるようです。しかし、きちんと検出されるには、ホルモンが増えている時期が目安。ホルモンの分泌は少量から始まり、その後急増して妊娠2~3カ月がピークとなり、妊娠している期間は分泌され続けます。
つまり、妊娠検査薬を使用するタイミングは、「前回の生理開始日プラス生理周期プラス1週間前後」となります。前回の生理開始日や生理周期が分からない場合には、性交渉があった日から3週間後とします。
また、採尿の前に大量に水分を摂取していたりすると、尿中のhCG濃度が薄まり、実際には妊娠しているのに陰性となる場合もあります。そのため、検査前の身体のコンディションを考慮することも必要です。
そのほか、妊娠検査薬はキットによって使用時期や使用方法が違う場合があります。必ず説明書を読んで指示されている方法に従いましょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です