妊娠中に食べてはいけないもの

妊娠中は食べるものに大切にしなければなりません。

普通なら大丈夫ですが、妊娠中の女性にとって、食べないものが重視しないとだめです。

では、ここで妊娠中に食べてはいけないものをご紹介します。

1. リステリア食中毒の恐れがある食材

● ナチュラルチーズや未殺菌乳などの加熱しない製造された乳製品
● 生ハムなどの食肉加工品
● スモークサーモンなどの魚介類加工品

リステリア食中毒とは、土壌や河川水、家畜などの動物、魚介類、昆虫などから発見できるリステリア菌による感染症です。

リステリア菌は4度以下の低温や12%食塩濃度下でも耐えて増殖することができる非常に強い菌で、

妊婦をはじめとした基礎体力や免疫力の低い人が感染しやすいとされています。

また、妊婦が感染すると子宮内の胎児にも感染し、流産や早産の恐れがあります。

2. トキソプラズマに感染する恐れのある食材

● レアステーキや生ハム、ユッケ、レバ刺しなどの加熱不十分な肉

トキソプラズマは家畜の肉や感染したばかりの猫の糞、土の中にいるありきたりな単細胞の寄生虫で、健康な人が感染しても全く問題はありません。

しかし妊婦さんが初めて感染すると、胎盤を通じて胎児に感染する可能性があります。胎児に感染が及ぶと流産、死産になるリスクが高まり、

脳や目に障害が生じる水頭症が引き起こされる可能性があります。それとともに、野菜や果物はよく洗って食べる、

ガーデニングなど土や砂に触れるときは手袋をすることでトキソプラズマ感染の予防になります。妊婦健診でトキソプラズマ検査も受けると安心です。

3. 水銀が含まれる食材

● 本マグロ、インドマグロ、メバチマグ、クロカジキ、メカジキ、マカジキといったマグロ類の料理や加工食品
● 金目鯛やムツなどの深海魚

自然界に存在するメチル水銀は普段摂取する分には栄養価のあるもので、体の中に取り込まれても徐々に体外に排出されます。

しかし、胎児には体外に水銀を排出する機能がなく、神経障害や発達障害をもたらす危険があります。

大型の魚介類は自然界に存在する水銀を食物連鎖の過程で体内に蓄積しており、魚を主食とする日本人の水銀摂取の80%以上が魚介類由来となっています。

ですが、特に妊娠初期は魚を主食として週に1~2回程度にすると安心です。