早期妊娠の豆知識|早期妊娠の基本情報を全面紹介

早期妊娠は危険性があると言われています。では、早期妊娠の兆候は何でしょうか。また、早期妊娠検査薬は何があり、使い方は何でしょうか。当サイトでは、早期妊娠の関連知識についてご紹介いたします。ぜひご参考になってください。

まずは、早期妊娠の兆候についてご紹介いたします。インターネットで、早期妊娠がある女性たちは、そう書いております。「妊娠の初期症状が出るのは、早くて着床直後から。排卵日を受精日0日すると、7日間後~11日間後で着床するそうです。」「妊娠2週目・・・排卵予定日。人によっては排卵期出血があることもあります。」「妊娠3週目・・・着床(ここではじめて妊娠が成立します)。着床出血があることも。」以上は、主に女性たちからの兆候投稿です。

では、次は、早期妊娠検査薬についてご紹介いたします。妊娠超初期症状が現れると、一日も早く妊娠検査をしたくなってソワソワしてしまいますよね。でも、通常の妊娠検査薬は「生理予定日の1週間後から判定可能」というものがほとんどです。

妊娠検査薬とは、妊娠の有無を判定する目的で、尿中のhCG(妊娠中に分泌されるホルモン)を検出する試薬です。

では、早期妊娠検査薬はいつ使えますか。受精卵が子宮に着床すると黄体ホルモンの分泌を継続させるhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンが分泌されます。通常の妊娠検査薬のhCG検出基準値は50mIU/mlですが、早期妊娠検査薬は感度が高く作られているため、25mIU/mLで検出できます。順調にhCGが増加していけば、生理開始予定日の3日前から妊娠検査が可能です。

次は、早期妊娠検査薬の精度についてご紹介いたします。生理開始予定日3日前から陽性反応が出る確率は約50%となります。生理開始予定日2日前から陽性反応が出る確率は約70%となります。生理開始予定日1日前から陽性反応が出る確率は約85%です。

次には、一番重要なの早期妊娠検査薬の使い方をご紹介いたします。MAX線ぎりぎりまで尿に10秒ほど入れ(判定線が出る部分に尿が吸い上げられたのを確認できるまで浸すことをおすすめします)、取り出した後、横に置きます。※MAXラインを超えると測定失敗になりますので、ご注意ください。

それから、尿吸収体(穴の部分)に3秒間尿をかけます。紙コップの場合は5秒間つけます。尿をうまくかけられなかったり、検査に必要な尿量を十分に吸収されなかった場合、5~10秒ほど延長してください。尿吸収体を下に向けたままキャップをし、水平なとことにおいて1分間を待ちます。

以上は、早期妊娠検査薬の豆知識についてご紹介いたしました。ぜひご参考になってください。